スポンサーリンク

トラットリア ラ フォンテ|京都府|コスパ抜群!絶品イタリアン!

トラットリア ラ フォンテのパスタ
トラットリア ラ フォンテのパスタ
おでかけぶろぐ管理人lago
おでかけぶろぐ管理人lago

京都府八幡市にあるイタリアン、Torattoria La Fonteトラットリア ラ フォンテさん。シェフはイタリアのSan Gimignanoサン・ジミニャーノという街にあるHotel Bel Soggiornoホテル ベル ソッジョルノで腕を振るっておられた方で、自家製のチーズやソースを使用した料理は絶品!ただ、おひとりでされているので、そのあたりを理解できる常連客でほぼ満席になります。では、初めての人はどのようにして食事を楽しむことができるのか、ご紹介していきたいと思います!

トラットリア ラ フォンテの外観
トラットリア ラ フォンテの外観

【トラットリア ラ フォンテについて】

急に行っても満席で入れない可能性が高いです。できればシェフはおひとりで調理されていますので、ピークタイムを避けて事前に予約されることをオススメします。

お店は京都府八幡市にありますが、大阪と隣接しており最寄り駅は枚方市の樟葉になります。ただ樟葉駅からだと2キロ以上離れており徒歩30分程度かかると思います。

バスだと、八幡市バス コミュニティバスやわた路線 男山泉から徒歩約1分。 コミュニティバスは、京阪八幡市駅と橋本駅には接続しておりませんので、橋本駅の東にある橋本東山本から乗車することになるかと思います。片道200円ですが往復される方は1日乗車券が300円なので、1日乗車券がお得です。

トラットリア ラ フォンテの駐車場
トラットリア ラ フォンテの駐車場

車の場合は、お店の隣の細い道を入ったところに専用の駐車場(3台分)あります。満車の場合は営業時間終了まで空くことはまずないので、近隣の有料駐車場に行く方が良いかと思います。

【シェフについて】

Torattoria La Fonteトラットリア ラ フォンテのシェフはイタリアのFirenzeフィレンツェから比較的近いSan Gimignanoサン・ジミニャーノという街にあるHotel Bel Soggiornoホテル ベル ソッジョルノで腕を振るっておられました。チーズやソースなど自家製で、素材の風味を活かした芳しい料理は、繊細でありながら優しい味で老若男女問わず楽しめると思います。また調理等おひとりでされていますが、目配り、気配り、心配りができるシェフで接客も素晴らしいです。音楽もお好きなようで、シェフのセンスが光る店内で、3ケ月に1度ぐらいジャズライヴも開催されています。

トラットリア ラ フォンテのシェフ
トラットリア ラ フォンテのシェフ

オーダーして料理が出てくるまでの時間、シェフから受け取った本を読んで、うちの子供も楽しんでいました。

トラットリア ラ フォンテで本を読む子供
トラットリア ラ フォンテで本を読む子供

【ランチメニュー】

ランチはすべてにコーヒーor紅茶が付いており、パスタランチorコースランチにはパン・フォカッチャも付きます。美味しい上にボリュームもあり、満足できるはず。できればパン・フォカッチャ、前菜・アンティパスト、デザート・ドルチェも楽しめるパスタランチ以上をオーダーするのがオススメです!

トラットリア ラ フォンテのランチにはすべて珈琲or紅茶付
トラットリア ラ フォンテのランチにはすべて珈琲or紅茶付

【ワンプレートランチ】

ワンプレートランチ¥1,000(税別) は、一番シンプルなランチです。パスタや一品の内容はシェフから説明して下さいます。パン・フォカッチャは付きませんので、しっかり満喫するのであれば、次にご紹介するパスタランチの方がいいと思います。

サラダ本日のパスタ料理
本日の一品珈琲or紅茶

お飲み物は+¥400でハーブティーに変更できます。

【パスタランチ】

パスタランチ¥1,500(税別)の内容は、前菜、パン・フォカッチャ(おかわりOK)、パスタ、デザート、コーヒーor紅茶。

前菜(下記の中からどれか一品)
A.カポナータ 半熟卵添え
B.生ハム・サラミの盛り合わせ/レバーのパテ添え
C. 自家製プロシュット・コットのサラダ仕立て バジルの香り
トラットリア ラ フォンテの自家製プロシュット・コットのサラダ仕立て バジルの香り
トラットリア ラ フォンテの自家製プロシュット・コットのサラダ仕立て バジルの香り

※前菜・パスタは季節により内容が変わります。

パスタ(下記の中から、どれか一品)
A.しらすのペペロンチーノ
B.ナスと自家製リコッタチーズのトマトソース
C.本日のパスタ
トラットリア ラ フォンテの本日のパスタ等はボードに書いています
トラットリア ラ フォンテの本日のパスタ等はボードに書いています

パン・フォカッチャはおかわり可能

パンフォカッチャ
デザート珈琲or紅茶付
トラットリア ラ フォンテのランチでは、パン・フォカッチャはおかわりできます。
トラットリア ラ フォンテのランチでは、パン・フォカッチャはおかわりできます。

お飲み物は+¥400でハーブティーに変更できます。

【コースランチ】

コースランチ¥2,800(税別)の内容は、前菜、パン・フォカッチャ(おかわりOK)、パスタ、メイン、デザート、コーヒーor紅茶。

前菜(下記の中からどれか一品)
A.カポナータ 半熟卵添え
B.生ハム・サラミの盛り合わせ/レバーのパテ添え
C. 自家製プロシュット・コットのサラダ仕立て バジルの香り

※前菜・パスタは季節により内容が変わります。

パスタ(下記の中から、どれか一品)
A.しらすのペペロンチーノ
B.ナスと自家製リコッタチーズのトマトソース
C.本日のパスタ

※メイン料理も季節により内容が変わります。

メイン(下記の中から、どれか一品)
A.仔羊のロースト
B.若鶏のもも肉のグリル
C.本日のおすすめ鮮魚料理

パン・フォカッチャはおかわり可能

パンフォカッチャ
デザート珈琲or紅茶付
トラットリア ラ フォンテのティラミス。これだけを求めて来るお客さんも多いとか。
トラットリア ラ フォンテのティラミス。これだけを求めて来るお客さんも多いとか。

お飲み物は+¥400でハーブティーに変更できます。

【店内の雰囲気】

店内デザインは一級建築士が揃う寝屋川市のコダマ建設さんが設計・施工し、丸テーブルはカリモクさん、カウンターはアフリカの神宿る木と呼ばれるブビンガ材を使用。上品な空間でありながら、気軽に食事を楽しめる雰囲気も魅力。料理の質はリストランテのレベルでありながら、気軽に来てもらいたいというシェフの想いが、トラットリアを名乗られているところにも表れているのではないでしょうか。

トラットリア ラ フォンテの店内
トラットリア ラ フォンテの店内

【Torattoria La Fonte 基本情報】

住所京都府八幡市男山泉18-13 林第一ビル1F
電話番号075-971-0823
営業時間11:30~L.O.14:30 / 17:30~L.O.21:30
定休日月曜日と第二火曜日
駐車場
トラットリア ラ フォンテの店内デコレーション
トラットリア ラ フォンテの店内デコレーション

【地図】

【アクセス】

電車、バス、車でのアクセスをご紹介いたします。

【樟葉駅より】

樟葉駅から約2キロで、徒歩30分程度。

【バス】

八幡市バス コミュニティバスやわた路線 男山泉から徒歩約1分。コミュニティバスは、京阪八幡市駅と橋本駅には接続しておりませんので、橋本駅の東にある橋本東山本から乗車することになるかと思います。片道200円ですが往復される方は1日乗車券が300円なので、1日乗車券がお得です。

【車】

お店の隣の細い道を入ったところに専用の駐車場(3台分)があります。満車の場合は営業時間終了まで空くことはまずないので、近隣の有料駐車場に行く方が良いかと思います。

【グッドポイント】

イタリアのホテルレストランで腕を振るってたシェフの料理を気軽に楽しめる!パスタもボリュームがあり食べ応え十分!
乾麺派も生パスタ派も楽しめる絶妙なパスタフォカッチャも美味しいが、自家製チーズの優しい食感と味も◎
トラットリア ラ フォンテのワイン
トラットリア ラ フォンテのワイン

【まとめ】

自家製のプロシュットをはじめ、上品でいて印象に残るソース。ボリュームがあり、幅広いユーザーが楽しめる絶妙な茹でパスタ。優しい風味と食感がたまらない自家製チーズなど、シェフのセンスが光る料理たち。ティラミスに使用するマスカルポーネチーズや芳しいベリーソースなどとにかくセンスが素晴らしい。芸術的な料理を楽しませてくれるシェフなんですが、調理でお忙しいながらもこちらの状況を見ながら声をかけてくださいます。客層も非常に良く、シェフの状況を理解している方ばかり。シェフとお客さんの想いがひとつになる素敵なお店ですね。私が初めて行った日は、シェフの娘さんのバースデーでした。私の娘のひとつ上とのことで、小さなお子様連れのファミリー客のこともご理解いただけるようで嬉しいですね。これからも応援したいお店です。ご馳走様でした!

【周辺スポット】

Torattoria La Fonteさん周辺のスポットをご紹介いたします。

【子ども動物園】

入園無料の小さな動物園、子ども動物園の詳細情報はコチラ!

【おでかけぶろぐTOPに戻る】

こちらからでも「おでかけぶろぐトップ画面」に戻ることができます。

タイトルとURLをコピーしました