スポンサーリンク

オーストラリア庭園|熱帯雨林や山岳地帯をモデルにした庭園|大阪

花博記念公園鶴見緑地、国際庭園内のオーストラリア庭園
花博記念公園鶴見緑地、国際庭園内のオーストラリア庭園
おでかけぶろぐ管理人lago
おでかけぶろぐ管理人lago

花博記念公園鶴見緑地、山のエリア国際庭園内にあるオーストラリア庭園。敷地面積は、1300㎡(390坪以上)あり、花博国際庭園内では大規模なクラスの庭園になります。

オーストラリア原産のブラシノキは、5月から6月にかけてオーストラリア庭園で見ることができます。

【オーストラリア庭園について】

設計者は、オーストラリアで1988年に開催された、ブリスベン国際レジャー博覧会の造園部門も担当したローレンス・スミス氏。オーストラリアの熱帯雨林や熱帯海岸林、山岳地帯を表現した庭園となっています。

【テーマ】

オーストラリア庭園のテーマは、「メルボルンからみどりのメッセージ」。

【花博当時のオーストラリア庭園】

庭園入口にあるボードのQRコードを読むと下記の出展の記録を見ることができます。

「国際花と緑の博覧会」出展記録。当時のオーストラリア庭園について。

【山岳地帯】

山岳地帯をイメージしたオーストラリア庭園の東部エリア。

【休憩場所】

オーストラリア庭園の北西にはベンチがあります。

【オーストラリア庭園で楽しめる花】

5月から6月にかけて、オーストラリア原産のブラシノキを見ることができます。

【オーストラリア庭園の場所】

【No.17】オーストラリア庭園の入口は、国際庭園西口からすぐのところにあります。入口の西向かいには【No.14】カリフォルニア州庭園、北隣には【No.16】ブラジル庭園、南側には【No.39】オランダ庭園があります。

【オーストラリア庭園 基本情報】

住所大阪府守口市
電話(パークセンター)06-6911-8787
開園時間4月~10月:9時~17時半 / 11月~3月:9時~16時半
入園料無料
国際庭園国際庭園全体についてのブログ

【オーストラリア庭園 地図】

【まとめ】

広大なオーストラリア大陸をイメージした庭園で、歩きながら眺めを楽しめます。その他、関連情報は下記をご覧いただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました